留学エージェントのサポートを受けてセブ島留学をしよう

留学エージェントのサポートを受けてセブ島留学をしよう

黒板

女性でも安心できるサポートが充実

留学エージェントは圧倒的に女性が多く、大半が留学経験者なので女性特有の悩みを共有しやすいです。渡航後は、まず空港から学校まで直通の送迎車が出迎えてくれるため治安的な不安も解消出来ます。学校の門には常時警備員が複数名監視を行っています。医師や日本人女性のアドバイザーが常駐している学校も多く見受けられます。

生徒

セブ島留学の申込方法

セブ島留学の申し込みは旅行代理店・留学エージェント・語学学校のホームページのいずれかから行います。最も一般的なのが留学エージェントの利用で、説明会なども開催してくれます。現地視察も頻繁に行っているのでリアルな情報を入手出来るでしょう。最近はブログなどインターネットからも体験情報を入手出来るので最適な申し込みルートを探せます。

セブ島留学をするまでの流れ

フィリピン

留学情報を収集する

インターネットやエージェントの説明会から、留学に必要なお金や費用対効果の事実を確認しましょう。まずは留学の実態を知る事が先決です。必要な準備や現地で生活を大まかにイメージ出来るようになる事が大切です。

目的を明確にする

留学はそれなりのお金と時間を投資することになります。英語と言うツールを使って何がしたいか明確にすれば、留学しなくてもその目標が達成出来るかもしれません。自分に必要なことをリストアップし、留学によってそれが得られるか熟考すべきです。

語学学校を選ぶ

セブ島にはたくさんの語学学校があります。豪華なリゾートから学生向きの絵に描いたような学校まで様々です。オーナーも日本人か韓国人かで学校の特色に変化が生まれます。外国人比率など、伸びしろに影響する要素を確認しておく事が大切です。

出発準備をする

エージェント経由で申し込みが済んだら、滞在費の支払いやパスポートの発行、生活必需品の調達などやる事が一気に増えます。特に事務関係に不備があると生活に影響が出かねませんので、ToDoリストを作り、しっかり消化する必要があります。

現地でやる事を決めておく

勉強の目標設定は言うまでもありませんが、せっかくの海外生活を謳歌するには予めやりたい事を見える化する事が鍵です。ジンベイザメと泳いだり、ボランティア活動をしてみたりなど、現地でしか経験出来ないイベントが見つかるはずです。

広告募集中